印鑑の歴史

今となっては、印鑑があるのは日常的な事ですが、日本での最古の印鑑とはどういったものなのでしょう。

印鑑は、今から5000年以上前のメソポアミア地方に、その起源があるとされています。
古代メソポタミアで生まれた印鑑は、その後、世界各地に広まり、東は中国経て、日本へ、西はギリシア、エジプト、ローマを経て欧州各地に影響を与えました。しかし、欧州各国では、印鑑を押すという制度も習慣もほとんど残されずに、なぜか日本だけ残っています。

日本で最古の印鑑とは、北九州で発見された「漢倭奴国王」と刻まれた金印です。印鑑は、まず、政府や地方の支配者の公の印として使われ始め、平安・鎌倉時代になって、個人の印として印鑑を押す習慣が定着されたようです。
明治になり、公の印はすべて、法律の規定に従って、管理・使用されることになり、個人の印は印鑑登録制度が導入され現社会に至っています。